観光情報

佐野市の一瓶塚稲荷神社

佐野市の一瓶塚稲荷神社、この神社は長い間佐野市の総社であった為、行事の度に賑わいがある神社です。 特に稲荷神社の縁日でもある初午祭は毎年非常に賑わっています。時期的には2月に行われています。 由来は京都の伏見稲荷神社に神が舞い降りた日が2月11日だったからということです。その年の豊作祈願が原型となっています。

大きな神社で、入り口には大鳥居があります。 境内の中には、銅製鳥居があり、周囲には数体の狛犬が守護しています。 ちなみにこの銅製鳥居は国指定重要美術品に指定されています。 拝殿も素晴らしく、その前には狐の石造が対になっています。

中には黄金に輝く神殿狐が対になり飾られています。木彫りの狐などもありますし、天井の絵も一見の価値ありです。 最大にポイントは狐ではなく、龍の彫刻で拝殿には昇り竜が、朱塗りの本殿にも龍の彫刻があります。縁の下の木にまで龍の彫刻があり、非常に凝った造りになっています。

本殿裏にも狛犬の像があり、守護しています。 狐の石造が多数ある集合所みたいな場所もあり、多くの石造や彫刻が目を楽しませてくれる神社ですね。あちこちに見どころがありますので、じっくり見て欲しい神社ですよ。

アクセスは東部佐野線から田沼駅下車徒歩5分、車では東北佐野藤岡ICから30分です。

※上記掲載内容は地域の情報です。文中に販売情報が書かれていない場合は、どまんなかたぬまの取り扱い商品ではありません。

10月の休館日

3日,10日,17日,24日,31日

11月の休館日

7日,14日,21日,28日

各施設の営業時間

栃木の社長TV

メルマガ登録

どまんなかたぬまのおトクな情報をお届けします!

お名前
メールアドレス

解除・変更はこちらから

ページTOP