観光情報

佐野市の安藤勇寿「少年の日」美術館

佐野市の安藤勇寿「少年の日」美術館、この美術館は児童画家の安藤勇寿の個人美術館です。昔の小学校のような外観が特徴ですね。

2002年5月5日に開館しました。その為、毎年会館記念日は高校生まで無料となっています。 色鉛筆で描き続けている児童画家の美術館ということで、画家の心がこもった作品が多数展示されています。

美術館の入り口近くには、巨大な12本の色鉛筆がたてられています。一見するとびっくりするかもしれませんね。 この美術館は、農村公園近くに建っており、静かに存在感を主張しています。

その中はというと、展示室の他に安藤勇寿の言葉が書かれたロビーや喫茶コーナー、グッズショップなどもそろっています。 グッズショップには、作品集やアクセサリーなど多数のグッズが販売されています。

外には絵本を中心としたミニ図書館「きょうだいの家」、好きな絵をかける「ともだちの家」もあります。子供向けの家ですが、美術館自体は大人でも楽しめる構成になっています。 小さい子供から大人まで、幅広い年齢の方の利用可能な施設ですね。

春の季節に川辺から見る光景は小学校そのもの、懐かしさを感じつつ美術館を楽しむ事が出来ますね。まさにふるさとをイメージした美術館ですよ。

※上記掲載内容は地域の情報です。文中に販売情報が書かれていない場合は、どまんなかたぬまの取り扱い商品ではありません。

10月の休館日

3日,10日,17日,24日,31日

11月の休館日

7日,14日,21日,28日

各施設の営業時間

栃木の社長TV

メルマガ登録

どまんなかたぬまのおトクな情報をお届けします!

お名前
メールアドレス

解除・変更はこちらから

ページTOP