観光情報

栃木県の耳うどん

耳うどんは、ユニークな名前で親しまれている、栃木の郷土料理です。うどんによく似た麺料理であるため、麺類が好きな方には特におすすめできる料理です。

材料はうどんとほぼ同じなのですが、形が違います。普通のうどんは麺の形にしますが、耳うどんは「耳の形」にします。そのため、「すいとん」によく似た料理であるとも言われます。

そうした耳の形のうどんをたくさん浮かべつつ、他の食材も入れて楽しむ、という料理であり、入れる食材は自由ですが、特に来客をもてなす際などに鶏卵を入れられることが多いようです。

栃木県の中でも特に佐野市を中心に広まっており、佐野市ではこうした耳の形のうどんを作るのに手馴れている方が多いようです。若い人はあまりこうした郷土料理を自ら作りはしませんが、年配の方は、作れる方が多いようです。

汁の味は関東らしく濃い味付けで、醤油とみりんによって味付けされます。だしをしっかりとっておくとよりよい味になりますが、だしの具材は特に決まっていません。

ちなみに、この耳は「悪い神様」の耳とされています。悪い神様が耳をなくせば、人々の悪い噂を聞くこともないため、その神様に裁かれる恐れがない、ということのようです。とてもユニークな料理なので、味わってみてください。

※上記掲載内容は地域の情報です。文中に販売情報が書かれていない場合は、どまんなかたぬまの取り扱い商品ではありません。

10月の休館日

3日,10日,17日,24日,31日

9月の休館日

5日,12日,26日

9月19日は臨時営業いたします。

各施設の営業時間

栃木の社長TV

メルマガ登録

どまんなかたぬまのおトクな情報をお届けします!

お名前
メールアドレス

解除・変更はこちらから

ページTOP