お知らせ・イベント情報

栃木県は佐野市に本店を構える「ナカダパン」。
その桜あんぱんは1975年に初めて発売され、今や全国にファン層が広がっていっています。
関東三大厄除け大師の一つでもある佐野厄除け大師の参拝のお土産としても今、桜あんぱんは大人気なんだそう。
人気の秘密は、もちろん桜あんぱんへのこだわりにあるでしょう。

桜あんぱんの餡(あんこ)は、
北海道十勝産の小豆を使用した
最高級のこしあん!

幅広い層の方のお口に合うように仕上げてあります。
桜あんぱんは一般的なあんぱんよりひと回り小さめですが、餡がしっかり詰まっているので、ずっしりと重みがあります。
あんぱん好きにはたまらないポイントですね!

桜あんぱんのパン生地は、
米こうじを使用しています。

米こうじ菌と炊いたご飯を混ぜ合わせ発酵させた種を「酒種」と言います。
桜あんぱんのパン生地はこの酒種を4日間寝かせたもので、独特な風味としっとり感があります。
米こうじはナカダパン本店のある栃木県で生産されたこしひかりを使用しています。

こんがり焼き色がついたパンの中央には、ピンク色の桜の花があしらわれ、桜の葉も添えられており、桜のとってもいい香りが。
たっぷり入っているこしあんがとても滑らかで、それなのに甘味が抑えられていて上品な口当たりです。
どことなく昔懐かしい味がするのも、気取らない感じでとてもしあわせになります。
濃い緑茶にも、コーヒーにも紅茶にも合うので、お茶うけとしても最高です。

5個入り 720円(税込)

11月の休館日

1日,8日,15日22日,29日

12月の休館日

6日,13日,20日

27日は年末の為臨時営業いたします。

各施設の営業時間

栃木の社長TV

メルマガ登録

どまんなかたぬまのおトクな情報をお届けします!

お名前
メールアドレス

解除・変更はこちらから

ページTOP